トレチノインと皮膚ターンオーバーの仕組み

トレチノインは、色素沈着やシミなどを改善できる、美白効果のある薬としてよく用いられています。薬の中にはアレルギー反応を引き起こしてしまうものもありますが、トレチノインは元々血液中にも微量ながら含まれている成分なので、安心して使用する事ができます。
トレチノインによって期待できる効果は、既にできてしまった色素沈着を改善する事です。その理由は、トレチノインには表皮内の肌細胞の分裂を促進させて、ターンオーバーを活発にさせるという所にあります。
色素沈着は表皮内に残ったメラニン色素が原因で、そのほとんどが表皮の一番深いところにある「基底層」にあるといわれています。通常、表皮内の細胞は定期的に生まれ変わるので、古い細胞は取り除かれていきます。しかし、基底層の肌細胞は排出されずにそのまま残りやすく、さらに、ターンオーバーの乱れがあると、より古い細胞を溜め込みやすくなってしまいます。
トレチノインを使用すると、肌の細胞分裂が通常よりも活発に行われるようになります。すると、基底層に残っていた古い細胞も外へと押し出されていき、排出されるようになります。この時、メラニン色素のある細胞も排出されるため、色素沈着を改善させる事ができるのです。
一般的に、早すぎるターンオーバーは細胞が成長しきらないまま排出されていく状態なので、健康的な肌とはいえません。しかし、トレチノインで活発化したターンオーバーでは肌細胞が十分に育つため、正常な肌に戻す事ができます。
美白効果の高いトレチノインですが、使い方に気をつけなければ、思わぬ肌トラブルを招いてしまう可能性があります。用法や用量を守って、正しい使い方を心がけるようにしましょう。
■二重埋没法の詳細はこちら
二重 埋没法
■継続使用でシミ改善!
レチンAクリーム